◆ 熊谷良子さんのナチュラルチーズとワインの教室 Vol.2 ◆

日本人にも随分身近になったナチュラルチーズ。おいしくいただくのが一番ですが、チーズのことをもう少し深く知れば、選ぶのも食べるのもぐっと楽しくなります。
今回のテーマは『旬』。
チーズにも旬があるのをご存知ですか?
春、カロテンを多く含んだ栄養価の高い若葉を食んだ牛や羊、山羊達のミルクから作られるチーズは、冬に作られるチーズより少し黄色くて、独特の旨味とコクがあります。でも、不思議とクセはありません。
今回は春から初夏にかけて旬を迎えるチーズをご紹介しながら、当日召し上がっていただく前菜のチーズプラトーを皆さんと一緒に作ります。ご用意するのは主にヨーロッパのちょっと珍しいチーズ。それぞれのチーズの歴史や産地の食文化もお話しできたらと思っています。
チーズを知って、おいしく楽しむひと時を是非。もちろん、チーズに合わせたナチュラルワインもご用意します。
皆さまのご参加をお待ちしております。
写真:吉川ふじの
※写真はイメージです

  • 日時:5月21日(火)11:30~13:30頃
  • 場所:松庵文庫
  • 会費:7,000円(チーズとワイン、ランチ付き)
  • 持ち物: エプロン、ハンドタオル、筆記用具など
  • お申込み:shouanbunkokuma@gmail.comまで、件名を「ナチュラルチーズとワインの教室」とし、お名前、参加人数、お電話番号をお知らせ下さい。
  • ※キャンセルはご遠慮願います。開催5日前の5月16日(木)よりキャンセル料として参加費のご負担をお願いいたします。ご了承下さいませ。
    ※ワインを提供させていただきますのでお車でお越しいただくことはできません。また、ソフトドリンクをご希望される方はお申込み時にお知らせ下さい。

【熊谷良子 | ソムリエ】
大学卒業後、渡仏。西洋文化史を学ぶ中でフランスの食文化に傾倒。
帰国後はワイン専門店に勤務し、販売、バイヤー、広報などワインやチーズの流通を幅広く経験し独立。
飲み頃や旬を大切にワインとチーズの魅力を伝えるサロン「Wine Salon d’Ourse」主宰。
ライターとしてワインやチーズに関する情報発信も行う。
J.S.A.ソムリエ / C.P.A.チーズプロフェッショナル
Blog:http://www.winesalondourse.com/
Instagram:https://www.instagram.com/kumagairyoko/

◆ 傘と麦わら帽子 Vol.2 ◆


\自分だけの日傘をオーダーメイド/
生地+ハンドル+ボタンをえらんで日傘(晴雨兼用傘)をつくりませんか。
お選びいただける生地は、希少なフランスのヴィンテージや、チェック柄、無地、麻など数多く取り揃えております。
自然素材で出来たハンドルは6種類、留め具のボタンも組み合わせ方によって、傘の表情もいろいろ。
東京下町の老舗傘屋さんにお願いして、熟練の職人さんに作っていただきます。
昨年人気で売り切れてしまった生地も少数ですが入荷しております。
「えらぶ」「つくる」楽しさをぜひご体験ください。

\お気に入りの麦わら帽子をみつけよう/
130年も続く麦わら帽子店。
熟練の職人さんがつくる麦わら帽子は、シンプルなデザインでファッションをえらびません。
品質の高い天然素材、日本人の頭の形にあった形、そしてかぶり心地よいフィット感をぜひお試しください。
今年は、お子さまや男性の方向け、新作もたくさん並べさせていただく予定です。
ご家族でお選びいただいても、この時期贈り物にもいいですね。
どうかお気に入りがみつかりますように。

  • 会期:4月24日(水)〜5月19日(日)
    11:30〜21:00(土日〜18:00、月火定休)
  • 協力:RAGTIME、田中帽子店、友栄堂

◆ なすんじゃさんの春の韓国料理教室 ◆

韓国料理研究家なすんじゃさんによる大人気のお料理教室。
今回はリクエストの多いキンパプを教えて頂きます。
これからの季節、ピクニックや遠足にお弁当として持って行くのにもぴったりな美味しい韓国海苔巻き。
毎回好評のお持ち帰りレシピは旬の新玉ねぎとキュウリのキムチです。
あわせて季節の汁物も教えて頂きます。
和気あいあいとした雰囲気のお教室なのでおひとり様でもお気軽にご参加くださいませ。
みなさまのご参加をお待ちしております。
*写真はイメージです。

  • 日時:4月20日(土)18時〜20時頃
  • 場所:松庵文庫
  • 定員:先着16名(要予約・先着順)
  • 講師:料理研究家 なすんじゃ さん
  • 参加費:6,000円(ナムルお持ち帰り含む)
  • 持ち物:エプロン、タオル、筆記用具、持ち帰り用容器、箸
  • お申込:shouanbunkonasu@gmail.comまで件名を「春の韓国料理教室参加希望」とし、お名前、お電話番号、参加人数をご連絡下さい。
    ※キャンセルはご遠慮願います。開催5日前の4月15日(月)よりキャンセル料として参加費の全額を申し受けます。
    ※お申込メール送信後、3日経過しても返信のメールが届かない場合は、大変お手数ではございますが、松庵文庫までお電話(03-5941-3662)下さい。
    ※
ご予約受付の返信メールは必ずお送りしております。特に携帯電話のメールアドレスからご連絡下さった場合は、迷惑メール対策等でパソコンからの返信メールを受信拒否なさっていないか設定をご確認下さい。

【なすんじゃ(羅 順子)| 料理研究家】
京都生まれの在日コリアン二世。
■ソウル歴:00年
■訪韓回数:50回以上

97年に韓国の宮中飲食研究院に留学し、無形文化財の故・黄慧性氏に師事。韓国伝統料理を中心に、日本各地で料理講習会や講演を行い、料理を中心に韓国の文化や歴史の普及に務める。
東京ガス主催の料理教室「キッチンスタジオ葛飾」、池袋コミュニティカレッジ講師、赤坂キッチンスタジオ、タキトー料理教室、我孫子料理教室、麻布十番料理教室。横浜岩谷学園粋生倶楽部料理教室。アノニマスタジオ料理教室など。
2009年5月30日「楽町楽家」にて、韓国の伝統茶とお菓子の会 於:三条猪熊・なかい
2009年9月1日京都「ねんね」スタジオオープン

◆ hanauta# 水野久美さんのミモザリース教室 ◆

ヨーロッパで春を告げる花と呼ばれ多くの人々に愛されるミモザ。
ふわふわ、やさしく黄色い花たちを眺めていると、祝福を受けているかのような多幸感に包まれます。
早春の頃に咲くフレッシュなミモザから、溢れるような元気を分けてもらいリースを仕立てます。
フレッシュで楽しんだ後はご自宅でドライリースとしてお楽しみください。

未経験の方でもどなたもお気軽にご参加ください。
素材は土に還る素材だけで仕立ててゆきます。

    ※予約受付は2月5日(火)9時からとなります。

  • 2月14日(木) 11:00~13:00 / 14:30〜16:30
  • 参加費:7,000円(珈琲または紅茶、お菓子付)
  • 定員:各回 8名(要予約・先着順)
  • 持ち物:エプロン、筆記用具、お持ち帰り袋、使い慣れた花鋏(貸し出し有り)
  • お申込:shouanbunkomizuno@gmail.comまで件名を「ミモザリース教室参加希望」とし、ご希望の時間帯、お名前、お電話番号、参加人数をご連絡下さい。

  • ※ユーカリなどミモザ以外の花材をプラスする場合もございます。
    ※画像はサンプルのため花材は変更になる場合がございます。
    ※材料の準備の都合上、キャンセルはご遠慮願います。開催6日前の2月8日(金)までにお願い致します。それ以降のキャンセルはキャンセル料(全額)が発生しますのでご注意下さい。代理の方のご参加をお願い致します。
    ※メール送信後、3日経過しても返信のメールが届かない場合は、大変お手数ではございますが、松庵文庫までお電話(03-5941-3662)いただけましたら助かります。
    ※ご予約受付等の返信メールは必ずお送りしております。特に携帯電話のメールアドレスからご連絡下さった場合は、迷惑メール対策等で返信メールを受信拒否なさっていないか設定をご確認下さい。

hanauta# 花雑家(かぞうか) 水野久美】
hanauta#の由来は「花」「歌」と「鼻歌」。
楽しい時や嬉しい時に口ずさむ鼻歌のように花に触れた瞬間の気持ちがリースの輪のようにつながっていったら嬉しいです。
ずっと眺めていたくなるような 優しい色合いや花合わせ、季節感を大切にしています。
2006年よりフリーランスで活動をはじめる。自宅アトリエにて制作をおこない、Wedding、リース教室、イベント出店、最近ではフラワーエッセンスのシェアの会を開催している。
色、質感、手触り、香り、自然療法など植物のすばらしさを伝え、楽しく、心地よく、健やかにいい循環を産み出せるよう日々精進中。
HP:http://hanauta.cocotte.jp
blog:http://kazouka.exblog.jp

◆ 熊谷良子さんのナチュラルチーズとワインの教室 Vol.1 ◆

日本人にも身近になったナチュラルチーズ。
おいしくいただくのが一番ですが、チーズのことをもう少し深く知れば、選ぶのも食べるのもぐっと楽しくなります。
こちらのナチュラルチーズをご紹介する教室では、栄養価の高い旬のナチュラルチーズを毎回テーマを絞ってご紹介するとともに、チーズに合わせたワインとお料理をご用意します。
心も身体もうれしくなる、チーズのある食卓のご提案です。

Vol.1 『日本のナチュラルチーズ』

ここ数年、目覚ましく進化している日本のナチュラルチーズは、今、チーズラバーだけでなく、食に関心のある人たちの間で大変注目されています。
第1回目は日本のナチュラルチーズの創成期を支えた生産者から新進気鋭の生産者のチーズまでご紹介するとともに、「そもそもチーズとは?」というところから、チーズをおいしく食べるひと工夫まで、チーズに関するあれこれを楽しくお伝えいたします。
今回は日本のナチュラルチーズに合わせて日本のワインをお楽しみいただきます。どうぞお気軽にご参加下さい。
(※写真はイメージです)

  • 日時:2月26日(火)11:30〜13:30頃
  • 場所:松庵文庫
  • 定員:先着16名(要予約・先着順)
  • 参加費:7,000円(税込)
  • 持ち物:筆記用具
  • お申込:shouanbunkokuma@gmail.comまで、件名を「ナチュラルチーズとワインの教室」とし、お名前、参加人数、お電話番号をお知らせ下さい。
    ※キャンセルはご遠慮願います。開催5日前の2月21日(木)よりキャンセル料として参加費のご負担をお願いいたします。ご了承下さいませ。
    ※ワインを提供させていただきますのでお車でお越しいただくことはできません。また、ソフトドリンクをご希望される方はお申込み時にお知らせ下さい。

【熊谷良子 | ソムリエ】
大学卒業後、渡仏。西洋文化史を学ぶ中でフランスの食文化に傾倒。
帰国後はワイン専門店に勤務し、販売、バイヤー、広報などワインやチーズの流通を幅広く経験し独立。
飲み頃や旬を大切にワインとチーズの魅力を伝えるサロン「Wine Salon d’Ourse」主宰。
ライターとしてワインやチーズに関する情報発信も行う。
J.S.A.ソムリエ / C.P.A.チーズプロフェッショナル
Blog:http://www.winesalondourse.com/
Instagram:https://www.instagram.com/kumagairyoko/

◆ なすんじゃさんの冬の韓国料理教室 ◆

韓国料理研究家なすんじゃさんによる大人気のお料理教室。
今回は韓国の煮豚ともいわれる「ポッサム」。
豚の三枚肉を炙り柔らかく煮たものにコチュジャンやアミなどのタレを付けて召し上がっていただきます。
併せて韓国ではお誕生日の時に食べられるという「ワカメスープ」もご一緒に。
毎回好評のお持ち帰りレシピは「蕪のナムル」。
冬のこの時期美味しくなる蕪をナムルにしてどうぞ。
*写真はイメージです

  • 日時:2月9日(土)18時〜20時頃
  • 場所:松庵文庫
  • 定員:先着16名(満席につきキャンセル待ちとさせていただきます)
  • 講師:料理研究家 なすんじゃ さん
  • 参加費:5,000円(ナムルお持ち帰り含む)
  • 持ち物:エプロン、タオル、筆記用具、持ち帰り用容器、箸
  • お申込:shouanbunkonasu@gmail.comまで件名を「冬の韓国料理教室参加希望」とし、お名前、お電話番号、参加人数をご連絡下さい。
    ※キャンセルはご遠慮願います。開催5日前の2月4日(月)よりキャンセル料として参加費の全額を申し受けます。
    ※お申込メール送信後、3日経過しても返信のメールが届かない場合は、大変お手数ではございますが、松庵文庫までお電話(03-5941-3662)下さい。
    ※
ご予約受付の返信メールは必ずお送りしております。特に携帯電話のメールアドレスからご連絡下さった場合は、迷惑メール対策等でパソコンからの返信メールを受信拒否なさっていないか設定をご確認下さい。

【なすんじゃ(羅 順子)| 料理研究家】
京都生まれの在日コリアン二世。
■ソウル歴:00年
■訪韓回数:50回以上

97年に韓国の宮中飲食研究院に留学し、無形文化財の故・黄慧性氏に師事。韓国伝統料理を中心に、日本各地で料理講習会や講演を行い、料理を中心に韓国の文化や歴史の普及に務める。
東京ガス主催の料理教室「キッチンスタジオ葛飾」、池袋コミュニティカレッジ講師、赤坂キッチンスタジオ、タキトー料理教室、我孫子料理教室、麻布十番料理教室。横浜岩谷学園粋生倶楽部料理教室。アノニマスタジオ料理教室など。
2009年5月30日「楽町楽家」にて、韓国の伝統茶とお菓子の会 於:三条猪熊・なかい
2009年9月1日京都「ねんね」スタジオオープン

◆ 田代淳さんの金継ぎ教室2019上半期 ◆

毎回好評な田代先生の2019年上半期金継ぎ教室が始まります。
家で使っている器、ちょこっと欠けたもの、気になりますよね。
服のほころびをササッと繕うように、欠けたものが直せるといいなと思います。
この教室では受講後にちょっとした欠けをご自身で直せるように、金継ぎの基礎的なことを学びます。
直せる器は欠けた器(~5ミリ)3、4点、割れた器(直径20センチまでの大きさで4パーツまで)1点です。
大きな欠けや複雑な割れは初心者には難しいため、まずはお裁縫でいうとボタンつけをマスターしようという講座です。
器を約半年間かけて直していきます。反復の工程はご自宅で作業していただきます。
みなさまのご参加お待ちしております。

  • 日時:11:30~13:30(最終日11:30~14:30)
    1回目1/23、2回目2/20、3回目3/20、4回目4/24、5回目6/12(予備日5月15日)
    ※予備日は天候不順や講師の都合による休講の場合の振替日です。
    ※講座の作業時間は大体1時間半から2時間です。作業後に30分程度お茶の時間があります。
  • 受講料:28,000円(お茶代込み 6月はお弁当付き)
  • 材料用具代 :9,180円
    ※参加できない日があった場合でもキャンセルのご返金は致しかねます。
    ※道具はお持ちの方はご相談下さい。足りないものをお知らせします。
  • 定員:各回8名(要予約・先着順)
  • お申込、お問合せ:juntashi127@gmail.comまでお名前、ご住所、電話番号、道具の有無をお知らせください。受付後3日以内にご連絡いたします。
    (パソコンからのメールを受信できるアドレスからお申し込みください。)

◆ hanauta# 水野久美さんのお正月飾り教室 ◆

松は神様が宿る依り代、しめ縄は結界をあらわすしるし。

古くから収穫への感謝の気持ちと来年への豊作の願いを込め、家々に飾られてきた正月飾り。

今年も松やしめ縄などを使った、歳神様をお迎えするための正月飾りの会をひらきます。

お正月の習わしや 旧暦などにも触れる予定です。2018年の締めくくりにご参加いただけましたら嬉しいです。

お申込みお待ちしております。

    ※予約受付は12月6日(金)18時からとなります。
    12月16日(日) 11:00~13:00 / 14:30〜16:30

  • 参加費:4800円(珈琲または紅茶、お菓子付)
  • 定員:各回 8名(要予約・先着順)
  • 持ち物:エプロン、筆記用具、お持ち帰り袋、使い慣れた花鋏(貸し出し有り)
  • お申込:shouanbunkomizuno@gmail.comまで件名を「お正月飾り教室参加希望」とし、ご希望の時間帯、お名前、お電話番号、参加人数をご連絡下さい。
  • ※松やになどが手やお洋服に着くことがあるためご注意ください。
    ※画像はサンプルのため花材は変更になる場合がございます。
    ※材料の準備の都合上、キャンセルはご遠慮願います。開催5日前12月11日(火)以降のキャンセルはキャンセル料として参加費全額を申し受けます。
    ※メール送信後、3日経過しても返信のメールが届かない場合は、大変お手数ではございますが、松庵文庫までお電話(03-5941-3662)いただけましたら助かります。
    ※ご予約受付等の返信メールは必ずお送りしております。特に携帯電話のメールアドレスからご連絡下さった場合は、迷惑メール対策等で返信メールを受信拒否なさっていないか設定をご確認下さい。

hanauta# 花雑家(かぞうか) 水野久美】
hanauta#の由来は「花」「歌」と「鼻歌」。
楽しい時や嬉しい時に口ずさむ鼻歌のように花に触れた瞬間の気持ちがリースの輪のようにつながっていったら嬉しいです。
ずっと眺めていたくなるような 優しい色合いや花合わせ、季節感を大切にしています。
2006年よりフリーランスで活動をはじめる。自宅アトリエにて制作をおこない、Wedding、リース教室、イベント出店、最近ではフラワーエッセンスのシェアの会を開催している。
色、質感、手触り、香り、自然療法など植物のすばらしさを伝え、楽しく、心地よく、健やかにいい循環を産み出せるよう日々精進中。
HP:http://hanauta.cocotte.jp
blog:http://kazouka.exblog.jp

◆ hanauta# 水野久美さんのクリスマスリース教室 ◆

2018年、クリスマスリース教室のご案内です。
今年も様々な針葉樹や実物をあしらった森のリースを仕立てます。
針葉樹の香りが広がるリース作りはこの時期だけの至福のひととき。
材料はすべて土に還る素材だけで仕立ててゆきます。
初めての方でも経験者の方でも楽しめるリース教室ですのでぜひお気軽にご参加ください。

    ※予約受付は11月5日(月)午後8時からとなります。
    11月25日(日) 11:00~13:00 / 14:30〜16:30
    11月29日(木) 11:00~13:00 / 14:30〜16:30

  • 参加費:7,000円(珈琲または紅茶、お菓子付)
  • 定員:各回 8名(要予約・先着順)
  • 持ち物:エプロン、筆記用具、お持ち帰り袋、使い慣れた花鋏(貸し出し有り)
  • お申込:shouanbunkomizuno@gmail.comまで件名を「クリスマスリース教室参加希望」とし、ご希望の時間帯、お名前、お電話番号、参加人数をご連絡下さい。
  • ※材料の準備の都合上、キャンセルはご遠慮願います。開催5日前の各開催5日前11月20(火)/11月24日(土)以降のキャンセルはキャンセル料として参加費全額を申し受けます。
    ※お申込みメール送信後、3日経過しても返信のメールが届かない場合は、大変お手数ではございますが、松庵文庫までお電話(03-5941-3662)下さい。
    ※ご予約受付等の返信メールは必ずお送りしております。特に携帯電話のメールアドレスからご連絡下さった場合は、迷惑メール対策等で返信メールを受信拒否なさっていないか設定をご確認下さい。

hanauta# 花雑家(かぞうか) 水野久美】
hanauta#の由来は「花」「歌」と「鼻歌」。
楽しい時や嬉しい時に口ずさむ鼻歌のように花に触れた瞬間の気持ちがリースの輪のようにつながっていったら嬉しいです。
ずっと眺めていたくなるような 優しい色合いや花合わせ、季節感を大切にしています。
2006年よりフリーランスで活動をはじめる。自宅アトリエにて制作をおこない、Wedding、リース教室、イベント出店、最近ではフラワーエッセンスのシェアの会を開催している。
色、質感、手触り、香り、自然療法など植物のすばらしさを伝え、楽しく、心地よく、健やかにいい循環を産み出せるよう日々精進中。
HP:http://hanauta.cocotte.jp
blog:http://kazouka.exblog.jp

◆ JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2018 ◆
別府竹細工 × 松庵文庫

強くしなやかに
受け継がれる「別府竹細工」

作り手の丁寧な仕事によって編まれた別府竹細工は、美しいだけなくとても働きもの。
何年、何十年、日ごとに良質な真丈は飴色に変化し、手に生活に馴染んでいきます。
古くから親しまれて来た別府竹細工を、現代の暮らしによりそう形でご紹介します。

「日本が誇る伝統的工芸の創り手」「売り手」「使い手」をつなぐ、伝統的工芸品産業振興協会さんの企画。
松庵文庫は大分県の伝統工芸別府竹細工の一木律子さんとコラボさせていただきます。

  • 日時:2018 10/19(金)〜31(水)11:30〜18:00(月・火定休)
  • 場所:松庵文庫
    【四ツ目編み鍋敷づくりワークショップ】
    一木律子さんを講師に迎え、初心者の方でも本格的に丈夫な鍋敷きをお作りいただけます。

  • 日時:2018年10月27日(土)午前 12:00〜14:30/午後 15:00〜17:30
  • 定員:各回5名(要予約・先着順)
  • 会費:3,780円(税込・お菓子お茶つき)
  • 持ち物:エプロン、お持ち帰り用の袋
  • お申込:shouanbunkoentry@gmail.comまで、件名を「四ツ目編み鍋敷づくり」とし、お名前、ご希望のお時間、お電話番号をご連絡下さい。
  • ※材料の準備の都合上、キャンセルはご遠慮願います。
    ※お申込メール送信後、3日経過しても返信のメールが届かない場合は、大変お手数ではございますが、その旨を松庵文庫までお電話(03-5941-3662)下さい。
    ※
ご予約受付の返信メールは必ずお送りしております。特に携帯電話のメールアドレスからご連絡下さった場合は、迷惑メール対策等でパソコンからの返信メールを受信拒否なさっていないか設定をご確認下さい。

    【六ツ目編みバスケットづくりワークショップ】
    一木律子さんを講師に迎え、大きなバスケットをお作りいただけます。

  • 日時:2018年10月28日(日)/10:00~18:00
  • 定員:5名(満席につきキャンセル待ちとさせていただきます)
  • 会費:10,800円(税込・ランチつき)
  • 持ち物:エプロン、お持ち帰り用の袋
  • お申込:shouanbunkoentry@gmail.comまで、件名を「六ツ目編みバスケットづくり」とし、お名前、お電話番号をご連絡下さい。
  • ※材料の準備の都合上、キャンセルはご遠慮願います。
    ※お申込メール送信後、3日経過しても返信のメールが届かない場合は、大変お手数ではございますが、その旨を松庵文庫までお電話(03-5941-3662)下さい。
    ※
ご予約受付の返信メールは必ずお送りしております。特に携帯電話のメールアドレスからご連絡下さった場合は、迷惑メール対策等でパソコンからの返信メールを受信拒否なさっていないか設定をご確認下さい。