Lo キャンドル palais

¥8,500+tax

Tracyがキャンドルを作り始めたきっかけは最愛の父の死でした。
その悲しみと喪失を乗り越えるために、
自宅のキッチンでキャンドルを作り始めたそうです。
それから18年かけて作り続けたキャンドルを何か形にしたいと思い、
知人から紹介されたAlanと共に2年かけて改めて香りのコンセプトや、
パッケージデザインを考え「LO」を2019年9月にローンチしました。

#Lo キャンドル

「LO」は100%ナチュラルで遺伝子組み換えではない、
ベジタブルワックスを使用しています。
ヴィーガンの方にも安心してお使い頂けるよう、
動物性脂肪や蜜蝋は使用しておりません。
香り豊かな精油は通常よりも高濃度の天然樹液が抽出できる製法で
蒸留しています。
もちろん動物実験は行っておりません。
機械を使わずイギリス国内で職人の手作業による伝統的な手法で
蝋を容器に注ぎ、新鮮さを保つために少量ずつ生産されています。
キャンドルの芯には上質なコットンと紙を使い、
スズや鉛は使用していません。
火を消しても黒い煙やススはほとんど発生しません。
パッケージには再生紙、容器にはリサイクルガラスが20%、
蓋にはリサイクルスチールが80%使用され、
可能な限り環境に配慮し、今後もより良いサスティナブルな
製品作りに努めていきます。

キャンドルに火を灯したときに、
自分の記憶が誰かの記憶と重なりあって、
そのコラージュの香りで優しい気持ちになれたら、
こんな幸せなことはないと、Tracyは話してくれました。

記憶の物語を紐解き、香りの先にある物語をまた綴っていく・・・
「LO」のキャンドルをどうぞお楽しみください。

*******************************

柔らかなダマスクローズの香りがいっぱいに広がると、
アーシィなアガーウッドとサンタルがふわっと漂う。
それはまるで華やかなベルサイユ宮殿に暮らす、
本当は素朴で無邪気なだけの美しい女の子を思わせます。

パッケージの後ろにはTracyによる詩が書かれています。

『1755年のオーストリアに生まれたマリー・アントワネット
まだ15歳のとき 未来のフランス国王ルイ16世のもとに嫁いだ。
その頃出会ったのが ヴェルヴェットピンクの
ペルシャのダマスクローズ。
それはベルサイユで彼女が本当に愛したもの。
「ダマスクローズの香りを嗅いだらいいじゃない」
そう彼女は言ったかもしれません。
「イングリッシュローズではなくってよ」』

気高さの中に可憐な甘みを秘めた品のある香り

scents:薔薇、アガーウッド(沈香)、サンタル(白檀)、
プラリネ、ウード(沈香)
size: 外径8.5cm、 高さ9.5cm、 内容量220g、 燃焼時間約60時間
ボックス10.5cm x 10.8cm x 10.8cm

【必ずお読みください】
*初めてお使いになるときは表面の蝋が均一に溶けるまで
火を灯して下さい。芯部分の凹みができずお使い頂けます。
*芯は常に4mm~5mmにカットして火を灯して下さい。
芯が長いと炎が大きくなり大変危険です。
*火を消すときは蓋をして下さい。吹き消すと蝋が飛んだり、
芯が傾いたりします。
*4時間以上燃やさないでください。
*キャンドルをガラス容器の底まで燃やさないでください。
少なくとも1cmほど蝋が残るようにしてください。
最後まで燃やすと、過熱によりガラス容器がひび割れる
可能性があります。
*風のある場所でキャンドルを使用しないでください。
*お子様やペットの手の届く場所、
燃えやすい素材のそばには置かないでください。
*目の届かない場所でのご使用は絶対におやめください。
*容器にはリサイクルガラスを使用しているため、
若干の色ムラや傷がある場合がございます。
*職人による手作業で容器に蝋を注いでいるため表面に小さな気泡や
微細な凹みがある場合がありますが、品質には問題ございません。
*なるべく簡易包装を心掛けておりますことご理解ください。
*そのほか同封のご使用上の注意を必ずご一読ください。